「シルバーeスポーツ推進国会議員連盟」設立を!

11月17日、市民ネットメンバーと関係者は衆議院第一議員会館を訪れ、市民ネット名誉顧問の村井英樹衆議院議員(国会対策副委員長、埼玉1区)に、人生100年時代の必須アイテムとして注目されている「シルバーeスポーツ」を国の新しいスポーツ・福祉・ICT政策として推進していただくことを要望しました。また、超党派で国会議員連盟を設立して「シルバーeスポーツ振興政策」を全国的に盛り上げていただきたくお願いしました。これを受けて村井議員は「あらゆる世代に生きがいと健康を与えるシルバーeスポーツの振興のために汗を流していきたい」と力強くこたえました。

衆議院第一議員会館の村井ひでき議員室にて(写真向かって右から松長芙美子 表千家教授、丸川國俊 市民ネット監査役、大川秀史 弁護士、市民ネット名誉顧問 村井秀樹 衆議院議員、金英功 弁護士、佐々木譲 市民ネット理事・一般社団法人 令和まほろば会代表理事、水野臣次 市民ネット事務総長)

清水勇人さいたま市長にシルバーeスポーツ振興を要望

11月19日、さいたま市役所で、森田孝 さいたま市民ネットワーク理事長 さいたま市民シルバーeスポーツ協会長・丸川國俊 市民ネット監査役・水野臣次 市民ネット事務総長は、清水勇人さいたま市長と面会しました。席上、市民ネット役員は清水市長に、現代日本でのeスポーツ事情とシルバーeスポーツ国内での立ち位置が分かる新刊書「eスポーツビジネス eスポーツ×ビジネスの現場からお伝えします!(秀和システム刊)」を手渡し、シルバーeスポーツをさいたま市の先進的な政策として、全国に先駆けて推進していただくよう要望しました。清水市長からは「マスコミで大きく話題になっているシルバーeスポーツ。9月には本市誕生20周年を記念した大会を開いていただき、市として後援させていただきました。」と、さいたま市発 全国展開のシルバーeスポーツに大きな期待を寄せられました。

清水勇人さいたま市長にシルバーeスポーツが記載されている書籍を贈呈

シルバーeスポーツ談議に花が咲く(左から清水勇人さいたま市長、水野臣次 事務総長、丸川國俊 監査役)

高齢者や障がいを持つ方も含め、すべての世代に生きがいと希望を与えるシルバーeスポーツは、国会と行政への働きかけにより新しい発展段階を迎えました。今後のシルバーeスポーツにご期待ください!