さいたま市誕生20年前夜祭として

世界で初めてのシルバーeスポーツ大会

残暑の太陽が光り輝く令和2(2020)年9月13日(日)、JR浦和駅東口前の浦和コミュニティーセンターは、本市10区から集まったシルバーeスポーツ大会参加者の明るい顔で輝いていました。

「eスポーツを高齢者や障がい者、全世代交流で楽しめる人生100年時代の健康福祉アイテムとして活かそう」という目標で「シルバーeスポーツ」という分野を開発した「さいたま市民シルバーeスポーツ協会」は、令和3(2021)年に迎えるさいたま市誕生20周年を、市民の側から盛り上げるため、世界で初めての「シルバーeスポーツ大会」を開催しました。

【参加者の年齢別区分】
合計27名
65歳以上13名(45.6%)
64歳以下  6名(22.2%)
その他   8名(29.6%)

JR浦和駅東口前、浦和パルコ上10階の浦和コミセンが大会会場

「新しい集会様式」を提唱。

地元「絵手紙クラブ」の皆様の作品も展示

こちらで動画をお楽しみください(^^)/

■シルバーeスポーツという名称は平成30(2018)年に

NPO法人さいたま市民ネットワークによって世界で初めて、eスポーツを高齢者の

健康と生きがいづくりに活用するために考案された新語です。

■令和2(2020)年3月、シルバーeスポーツは高齢者の健康づくり福祉政策として認められ、

さいたま市民シルバーeスポーツ協会はさいたま市長より「さいたま市シルバーポイント

(長寿応援ポイント)事業」の登録団体として指定されました。

人生100年時代の必須アイテムとして、シルバーeスポーツの輪を広げましょう!

(ご報告 事務総長 水野臣次)

大会の様子を報じた9月17日付の埼玉新聞

シルバーeスポーツへのお問い合わせは、こちらをクリックしてメールでどうぞ(^^)/