人生100年時代の必須アイテムとして、市民ネットが発案し提唱しているシルバーeスポーツが、日本テレビ「月曜から夜ふかし」に続いて、フジテレビ「めざましテレビ」で紹介されました。

取材場所は、JR浦和駅東口前パルコ・コムナーレ9F、さいたま市市民活動サポートセンター市民活動スペースの一角。メンバー10名が集まって、シューティングゲームを楽しみました。森田孝会長は、フジテレビ人気アナウンサーの藤井弘樹さんと驚異の「56歳差対決」、熱戦の結果森田会長が快調に快勝しました(^^)/ 世にあるスポーツのなかで、56歳差でも対戦できる競技は、シルバーeスポーツだけでしょう。さいたま市のセーフコミュニティ(市危機管理課所管)高齢者の安心安全対策副委員長として、高齢者の安全対策に取り組む森田会長は、「シルバーeスポーツを、まったく新しい高齢者の健康・生きがい増進ツールとして全国展開したい」と意気込みを語っています。

高齢者の健康づくり、生きがいづくりに貢献する「誰でも・いつでも・気軽にできる」シルバーeスポーツにご期待ください!

*「シルバーeスポーツ」は2018年10月開催の当法人理事会で考案・認証された名称です。

*写真をクリックすると大きくご覧になれます。

saitama@beetle.ocn.ne.jp

さいたま市民ネットシルバーeスポーツ協会

事務局長 水野臣次