昨年10月の発足以来、内外の注目を集めている

さいたま市民シルバーeスポーツ協会の取り組みが、

3月23日付 日本経済新聞1面トップに掲載され、全国に広まりました。

今のシルバー世代こそテレビゲームのパイオニア!

紙面では、体に障害のある方にeスポーツが普及されつつあることを紹介し、

健常者と同じステージで競技できるeスポーツの可能性を示唆。

さらにはシルバー世代の高齢者にeスポーツを普及させている

本会の取り組みを紹介しています。

本文「年配にも広がる  1978年に登場して世界的なブームを巻き起こした『スペースインベーダー』を楽しんだ世代も年を重ね、eスポーツは年配の人にも広まる。『高齢者の娯楽は囲碁・将棋だけではない』。18年末にシルバーeスポーツ協会(さいたま市)を立ち上げた水野臣次さんは(62)は、市のコミュニティーセンターなどを拠点に定期的な練習会を開く計画を練っている。」

「シルバーこそeスポーツのパイオニア!」とのスローガンのもと、シルバー向けeスポーツの

可能性を、全世代総がかりで研究・開発していきたいと思います。

*「シルバーeスポーツ」は2018年10月開催の当法人理事会で考案・認証された名称です。

(事務総局長 水野臣次 ミズノシンジ)

★シルバーeスポーツへのお問い合わせは下記メールからお気軽にどうぞ!saitama@beetle.ocn.ne.jp